「・・・・のつくり方」 アートディレクターというもの


久しぶりのブログです。
佐藤悦子著「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方 改訂新版」誠文堂新光社をいただいて楽しく読んだ。
「会席料理のつくり方」「道場六三郎のつくり方」(道場六三郎さんである必要はないのだが)の「・・・のつくり方」はどちらとも取れる。題名を見て後者と思って読み進んだが、「佐藤悦子さんの『SAMURAI 佐藤可士和』のつくり方」であると思った。
書かれている内容や「つくり方」は、特に変わったことでもないが、『クリエーター』という「人」をブランディングすることの苦労と「簡単さ」(基本に忠実という意味で)が、楽しく読めた。
書かれている意図をまったく曲解しているかもしれないが・・・
クリエーターと自称されている皆さんにもおすすめしたい一冊だ。
基本に忠実で、誠実で、王道で行きましょう!