「作り手は学習を続けよ」山下達郎


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
日々のカツヒコをずいぶんサボっておりました。
今年は、昨年の違い、ずいぶん楽しい年末年始を過ごせました。
一作年の10月末に不調になり、昨年の年末はまだ療養中でしたが、今年は復調し、色々お出かけもしました。
友人が、2014年の正月に、2011年の朝日新聞の朝日求人Webの「作り手は学習を続けよ 」の記事のリンクをfacebookに上げていました。ふと、目をとめて、記事を読み、自らも20代から広い意味で、作り手でありたいとこだわってきたつもりでした。そこには、山下達郎がいう「職人でいる覚悟」が必要ですし、「作り手は学習を続けよ」ということも理解しているつもりでいました。

さて、それから30年、自分は、たとえ、ちっぽけな作り手であったとしても、作り手として、学習を続けてきただろうか?

人には、それぞれ、「分」があると言われるが、学習し続けることにより、「分」は、深く洗練されるのだと思います。
今は、作り手として学習し続けている人々の製品やサービスの発信をWebでお手伝いできればと思っています。
実際に、昨年、ボクが担当した仕事は、広い意味で、作り手として学習し続けている方々の製品やサービスがらみのものばかりであったと思います。

今年のテーマーは、作り手として学習し続けている人とより多くお付き合いすることに決めました。自らが、「作り手」という分を持ち合わせていない分、輝きを持った作り手の製品やサービスを紹介していきたいと思います。